シンガポールに住んでます@ともこーん

アクセスカウンタ

zoom RSS ビンタン島へ

<<   作成日時 : 2008/12/14 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

12月13日。天気は晴れ
まさにお出掛け日和だ!

昨日、インドネシアのビンタン島へ遊びに行ってきた。
メンバーは夫の会社の同僚達とその妻子、我が家、合計7人。

IGさんが言い出し、プランまで立ててくれた。
という訳で私達は指示に従ってただ行くのみ。
面倒臭い事は何もなく、本当にありがたい旅となった

10:00にタナメラ・フェリー・ターミナル集合。
我が家は時間に余裕を見て9:20出発。
道路が空いていれば車で15分程度のところにあるのだが、昨日は大渋滞。

タクシーの運転手さんも「何でこんなに混んでいるのか…」と不思議そう。
通常はめちゃくちゃ空いてるらしい。

で、渋滞の原因は…
衝突事故
しかも前後の大型トラックに挟まれた乗用車がぺしゃんこに。
普通のセダンタイプの車なのだが非常に短くなっていた。

そのせいでフェリー・ターミナルには沢山のタクシーがたむろしていた。
我が家としても運転手さんに申し訳ないなぁと思い、タクシー代のおつりは受け取らなかった。

やはり、万が一に備えて家を早く出るというのは大事なことなんだなぁと思った。

その後、出国手続きをし、11:05発の船に乗船。
約1時間後、ビンタン島に到着。

土曜日の午前の便とあって大きい荷物を持った大勢の人と出くわした。
きっとみんなは島内のホテルに宿泊するんだろう。

私達はツアーバスに乗り込み、ニルワナ・ビーチ・クラブへ。

フェリー・ターミナルが人でごった返していたので目的地も人がいっぱいいて「イモ洗い状態」なんだろうなぁ…と想像していたのだが、全くそんな事はなく、むしろ閑散としていた。
静かなシチュエーションが好きな私にとって、この状況は大歓迎

ここに到着したのは12:30過ぎ。
すぐにランチにした

ランチもツアーに含まれているので支払うのはビール代のみ
ホントに楽チンだ!
食事もかなり美味しかった。

ここのレストランは「白い砂浜が広がる綺麗な海」を見渡せるように建ててある。
もちろんゲストスペースには壁がなく、萱葺きチックな屋根のみ。
床は屋根つきの場所はフローリング、屋根なしの場所は砂浜の上に植えられた芝生。

風は海から程よく吹き、レストラン内を「すーっ」と抜けるため、ちょっぴり寒いと感じるくらい。
トイレは掃除が行き届いていて、きっとどんな日本人が来ても嫌な思いをせずに使用できると思う。

ラッキーなことに、よく晴れていたので真っ白な砂浜はもちろん、所々に植えられたヤシの木などの植物、遠くの水平線がすごく綺麗に見えた。
そして、心地よく吹きわたる風、程よい静けさ

本当に心の底からリラックスした

よく旅行誌などで
「時間がゆっくり流れている…」
というフレーズを目にするが、まさにその感覚を生まれて初めて味わった。

気持ちがリラックスしているので、当然会話もゆっくりとはずみ、会話が途切れれば美しい景色を見ながらゆっくり流れる時間を堪能し、ビールをゴクリ

リゾート気分満喫とはまさにこの事だ

食後は各々思い思いに過ごす事にした。

私はついついビールを沢山飲んでしまったので海では泳がず、のんびり浜辺を歩くことにした。
ルー吉さんは木陰に設置してあるベッドで昼寝
IGさんは読書。
Nさんは私と同じく浜辺散策。

丁度潮が引いてる時間だったので海から顔を出した岩の上を行けるところまで探検してみた。

そこは足を一歩踏み入れると5_くらいのカニの集団が「サーっ」と岩陰に逃げ、大きめのカニは素早く砂に潜り、ちょっとした水溜りにいる魚達はクルクルと泳ぎ回り…
いよいよここまでという場所に辿り着くと目の前に壮大な水平線が現れた。

その後は靴を脱ぎ、素足で砂の感触を味わったり、時々膝くらいまで海水に浸かったり。

海にはもちろん沢山の魚がいたのだが、最も驚いたのがヤドカリの集団。
5_くらいのモノから3aくらいのモノまで海中の砂の上を歩いたり波にさらわれたりしていた。

何個か手に取って観察してみると、小さいくせに全てのパーツが揃っていて(当り前)、しかも一生懸命歩いていて、とても愛おしかった

自由時間は16:30まで。
非常に帰るのが惜しかったが、それくらいが丁度いいのかな?
またいつか、絶対に来たいと思った。

帰りは18:30発のフェリーに乗り、シンガポールへ。
ターミナル到着後は自由解散、我が家は21:00に家に着いた。

感想
 ・海の綺麗さは普通以上(沖縄の方が綺麗)
 ・決して「入りたくない海」ではない
 ・時間がゆっくり流れている感覚を得られる
 ・大自然と上手く融合したリゾート地
 ・風が心地良い
 ・トイレ、シャワールーム、ロッカールームは思ったより清潔
 ・ただ、ここの「クラブ」のお土産屋さんは微妙…

最後に、この旅を企画してくれたIGさんに心からお礼を言いたい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。シンガポールに住んでいる、子供のいない駐在員の妻です。今迄なかなか一人では、外出出来なかったのですが、こちらのブログを拝見させて頂いて、少し勇気が出て来ました。頑張って外出してみようと思いました。
パンダ
2008/12/18 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビンタン島へ シンガポールに住んでます@ともこーん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる